リノベーションで快適住まい実現OK!|システムの導入と利用

オール電化

オール電化とその利用について

光熱費の削減方法として有効な手段の1つに、オール電化がある。オール電化は、家のエネルギー源を電療の1つに絞るという方法である。つまり、キッチンや給湯などでガスの使用から電力の使用に切り替えることが一般的な方法になる。 電力に絞ることで、電気代とガス代の基本料金を1本かすることができ、トータルのエネルギーコストを削減することが可能になる。 オール電化では、主に電力会社や電機関連の業者がそれらに関するサービスや設備提供などを行っており、最近では多くの家庭に広がってきている。 また、太陽光発電などの自然エネルギーの利用では、特にオール電化により1本化することのメリットが大きく、それらと合わせて利用されるケースが増えている。

電力に関する商品やサービスについて

オール電化においては、それらに関する商品やサービスとしていくつかのことがある。まずは、給湯システムである。オール電化では基本的にはガスを使用しないため、ガス給湯器から電気給湯器への変更が必要になる。 電気給湯器では、電力会社やそれらの機器メーカーなどから販売されている。最近では、効率の良い給湯システムが様々販売されており、省電力化に力を入れる傾向がある。 また、ガスレンジなども電気を使用したものへの変更が必要になる。最近では、IH調理器の販売や、IH調理器に対応した鍋やヤカンなどの調理機器も数多く販売されている。 その他、オール電化に関する商品としては、床暖房やストーブなどもあり、これらも電力を使用するものの利用が必要になる。